ORIGINAL GUIDE CALIFORNIA【L.A.】 Vol.2

第二号目は、ロサンゼルスの代表的な街でもあるダウンタウンエリアを紹介します。

ダウンタウンの中に構える古いビルをリノベーションして造られた今最も旬なデザインホテル

活気に満ち溢れたダウンタウンの中心に構えるエースホテルは、United Artistsビルという歴史あるビルを基盤に2013年オープンしたそう。さすが、有名なデザインチームが手がけたホテルだけあって、内装はもちろん、ヴィンテージ家具や壁に飾られたアート作品がとても印象的。

エースのすぐ横にはコンサートホールが。

早速、気になるエースホテルの中を見てみましょう。

入るとすぐ左にレセプション、そして右側にはレストランが。
エレベーター横の壁にはオシャレなタイポグラフィー。

そして、とてもアイコニックな白黒のいちまつ模様のタイル。

もちろんお部屋だって様々な細工が施されています。

部屋には、ギターがあったり、レコーダーがあったり。すっきりとしたバスルームや、洗面台だってエースクオリティーだからなぜかオシャレに見えてしまいます。

ダウンタウンのエースホテルには、他のエースと違いなんだか開放的。ニューヨークのエースとは真逆なイメージ。ルーフトップにBARや、プールなんかもあるんです。

私たちHENZA LOS ANGELESチームもこのホテルに泊まりましたが長旅で疲れた身体を癒してくれる最高なホテルと言っても過言ではないでしょうか?

一階には、これまたオシャレなダイニングがあります。レストランの名前はLA Chapter」。実はこのレストラン、運営しているのはNYのブルックリンにあるFive Leavesというお店。

実はNYのFive Leavesに行った事があるのですが、そこで出しているモロッカンスクランブルをここLA Chapterでも食べられるんです。

他にもエースホテルを出て右に少しだけ歩けば劇場の入り口横には、綺麗なお花がたくさん並ぶお花やさんもあります。女性が1人で営んでいるそう。

 

異国の料理が恋しくなったら絶対にここ!大都会のオアシス的マーケット

エースホテルから徒歩10分ほど歩くと見えてくるのは、有名なマーケット「Grand Central Market」。

1917年からある、いわばダウンタウンのランドマーク的なこのマーケットでは様々な国の料理が堪能できます。どうやらひと昔前まではメキシコ料理が気軽に食べられるマーケットというイメージだったのですが、ここ最近ではタイ料理や、ピザ、ベーグル、コーヒーショップなどが入るなど、現代の流行を取り込むなどしてたくさんのお客さんを魅了しているみたいです。

日本でいうフードコートという感じでしょうか。

特にオススメしたいのがG&Bという白と紫を基調にしたコーヒースタンド。

12月31日の大晦日にはその日限定のオリジナルメニューなんかも楽しむ事ができるんです。

これはベーグルスタンドのサーモンとクリームチーズのベーグル。

外には、テラス席があって、ロスの最高な天気とともに最高な食事を楽しむ事だってできます。

まだまだ、オシャレな場所や、面白いところがいっぱいのダウンタウン。次号では、更にダウンタウンの魅力について紹介していきます。